Top page  1/36
14
2017

V字回復が成功するか?

CATEGORYレッスン

一時期、宮城県民だったワタクシ。

お片付けサイトを徘徊中、目に入ったこの文字列

『黒ずんだソファ』

黒ずんだ・・・?黒ずんだ・・・???

黒いずんだって何の豆だ?←ホンキで疑問

→脳の疲労、けっこうMAX。

ちなみに私はずんだ餅は好きじゃないの。
枝豆は塩っぱいものって決まっている。

*******

先日の脳内警報により、レッスンでみてもらう曲目を絞ってみたら、先生に喜ばれたっぽい。
と言っても、前回新しい課題が追加されたツェルニーを省いただけですけど。(一応楽譜は持っていった)

先生「いつも完璧じゃなくていいのよ〜♪」

完璧だった時がありませんが。ええまったく。ええほんとに。

というわけで、今回のレッスンでは

・楽典
・シンフォニア
・モーツァルトソナタ11番1楽章(主題〜第一変奏)

の三点セット。

それでもタイムオーバーしました。

楽典は音階に突入。
#の長調をお勉強。
調号がやっとスッキリした。
これはまだ1/4。

シンフォニア8番

この曲はテーマが21個も出てくるけれど、どう捉えていいか。
トリルのナゾ。バッハらしいトリルがよくわからない。曲による気がするし。

モーツァルトソナタは、昔っからよくわからない。
というかモーツァルトがわからない。ハイドンのほうがまだマシなイメージ。
バロックは複数メロディの同時進行、ベートーヴェンあたりからとロマンは感情があってわかりやすいけれど、モーツァルトには感情の部分がイメージできない。
(そもそもモーツァルトに真面目なイメージがない、アマデウスのせいで。)

ということを先生に訴える。

答えは私の心の中に。


量を抑えると、じっくり教えてもらえて、頭にも残りやすくなった。
よかった。

帰りに古巣先生のお宅からすぐそばの夫の実家へ、久しぶりに1人で弾丸訪問し、長話をする。
いっぱい食料もらってきちゃった〜♪
義母さんはお袋の鑑と言って過言ではない、とっても良い人なのだ。
なのになぜ・・・


↓きっと夫は宇宙人。想いが通じなくて当たり前。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ








12
2017

二兎を追うもの・・・

CATEGORYつらつら
今頭のなかでぐるぐるしていることわざ

”二兎を追う者は一兎をも得ず”

私が追っているのは一兎なんだけど、結果的に二兎も三兎も四兎も追うことになっていて泡を吹いている。
カニか!

何曲も追う私は実は1曲も得ていなかったのかもしれないことを知らされて脳内Jアラートが鳴り響きました。
ほら、昔ってハノン、ツェルニー、バッハ、ソナタは4つでワンセットで1コも外さないレッスンだったじゃありませんか?
終ったフリをしても先生の目はごまかせなくてやっぱりやらなきゃいけない羽目になったりとか。
そんな子供時代を過ごしていたので、これらはセットでやらなきゃいけない刷り込みは強固だったわけです。

脳内Jアラートが鳴ってみて、もしかして、今の古巣先生は本当はその日のレッスンでやらない曲があってもいいということを、全部を網羅しなくても良いのよ、ということを、これまでも言おうとして、やんわりした言葉にして、私の「何なまっちょろいこと言ってるんですか先生!」って顔を見て語尾を飲み込んでいたんじゃないかと思いました。。。
あの時もこのレッスンの日もそんな感じだった今思えば・・・
そういえば私がことごとく「やります!」とか言ってた気がしないでもない。
やれてないのに。
消化するんじゃなくて、身につけたいと思っていたのに。
嗚呼胃が痛い。

今の絶不調は心の準備もなくいろんなことが起こりすぎているからに決まってるんですけど、盛りだくさんすぎて身動き取れなくなっているなう。
本も読みたいし、片付けもしたいし、ピアノも復活したいし、海外ドラマも見たいし、ドラクエも途中のままやる気が起きないから、どれも心から楽しめるようになりたい。

穏やかなあの頃に戻りたい。

戻れない。

そして次の古巣先生レッスンは二日後。

戻りたい。前回レッスンが終わったあの日に。


↓相変わらず学習能力ゼロですみません。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ







08
2017

やさしくするか

CATEGORYつらつら

ここ数ヶ月、無理に前を向こう、上を向こう、とがんばりすぎていたのかもしれないです。
心の置き所がわからないんですね。
ガス欠です。

え?知ってた?むしろ空焚きでダッシュしてた?

エンジン壊れますやん。

1番軽いギアにチェンジして、周りの景色を見ながら緩やかに蓄えます。
そんなでも笑いは常に隣に置いてありますから大丈夫。
かといって、籠もっていてもよくないので、勉強会などはえいやっと参加させていただいてます。
今年に入ってからのつらい時期、練習とレッスンが心の拠り所でしたし、今少しピアノ休んでますが、辞めるつもりも、このままフェイドアウトするつもりもまったくないので、やっぱり弾きたいんだなと感じます。

今は自分にやさしくしろ月間かもしれません。

はい?いつも自分に甘々だと?

そうなんですよねーそう思うんですよねー私も。
ま、いいじゃん。

たくさん本を読んで、助けられてます。
本、買いすぎて積んであります。
きっと上に上がれると思います。
来週は楽しみにしていることがたくさんあるし。


D先生レッスン曲がしんどすぎて曲変更。心の師匠に複数曲をピックアップしてもらいニンマリ中。
まだ選曲段階だけど、意外な発見がありました。

古巣先生レッスン曲のひとつ、モーツァルトソナタも短調で苦しかったので、これまた変更。
あれになりました。トルコ行進曲の一楽章。

いずれもまだ取り掛かってません。

どちらの曲も、自分で言いだした曲なだけに苦しかったんですが、どちらの先生も、途中でやめたからと言って無駄にはならないとおっしゃいました。
またいつか勉強すればいい。
それを信じようと思います。


今週は夜旦那がいなくて、一人寂しく食事という作業をこなす毎日。

いたらいたで不満を言われ、いなきゃいないで文句を言われ。

お疲れさまでーす。


↓人生は苦労するためにある。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ









30
2017

もどかしい

CATEGORYつらつら

8月に入ってから続いていたナゾの体調不良の原因がなんとなくわかって改善できそうとなった矢先に勃発した家庭内問題のため、ピアノから心が遠ざかっているなう、な今日このごろ野口五郎。

この問題が解決したら、私のピアノライフも過激なゲリラに変化するはずなんですけど、いつになることやら。

で、なかなか書けないでいるブログですけど。

今の私、確実に初心者層から脱皮しているはずなんです。
で、その上の層もおぼろげに見えつつある。

何かが見えてきてるんだけど、それを具体的に言い表せないんですぜ?
なもんで、ブログが書けないんですぜ?

はひ?練習してないからじゃないのかって?

まあそこはもうね、つつかなくてもね・・・

それが何かわかった暁には、ピアノがもっと楽しくなる予感なのですぜ?

かろうじて説明できることのひとつは、音楽への意識が変わったからかもと思う。
ある日これに気がついた時はすっごいびっくりしたんだ。

原因は黒鍵のエチュードのレッスンを経たことだと思う。

5月の本番を終えたあと、過去のレッスン曲を弾いた時に、それまでの速読のような弾き方が、自然と音を味わいたいとゆったり弾きたくなっていたのが自分でも驚きだったんで。

黒鍵のエチュードはとにかく練習時間がなくて必死だったし、先生の指導がすんなり受け入れられたことも大きかったと思う。
パティシエが作った飴細工のような、無機質な物質からアイスダンスに変化したような、そういうやつ。

けどそれはうちの電子ちゃんじゃなくて、実家のアップライトだったからだとも思う。

グランドだったらもっとすごい気付きが出てくるかもしれない。


↓底なし沼、それがピアノ・ワールド。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ





23
2017

根拠

CATEGORYつらつら

うちのびっぐさいずの人と一緒に食事をするようになった頃、その食べる量にびっくりしたことと、釣られてしまって一週間ほどで漏れなく私も寸法が変わって大変だったんだす。
しかも早食いを追加で。誰も取らねっつうの。
ね。びっぐな寸法をキープするには根拠があるわけですよ。


で、ピアノの話ですけど。

私の考える”うまい”というのは
・新曲を早く身に着けられるようになること←難所
・だからどの指も思い通りに動くようになること←難所
・耳が良くなること←難所
・音楽を理解すること←難所
・頭良くならないと!←最大の難所

ざっと見積もってこんな感じ。
だから、”うまい”という単語は合ってないかもしれない。
ピアニストみたいに弾けるようになりたい、ってのはこれらを網羅したつもりで一言で簡単に言えるから言っちゃうことありますけど、要はこれ。そうじゃありません??ねえねえ(○´ェ`)σ

でね、いったい私はいつになったらそっち方面に上達するのかいな?と想いながら日々ピアノに向かってるわけじゃないですか。

え?向かってないだろって?

・・・ええ(;・∀・)・・・まあね・・・


私の周りの”うまい”を兼ね備えた方々と自分との違いを考えてみると、一言で言えば経験値の差だと思うわけですよ。
普通に考えてもワタクシごときの経験値が圧倒的に足らないっすよね。練習にしろ何にしろ。
達人の方々はもともと保有している、または育ててきたものもあるし、自分自身も音楽もわかってるから、どっどっどシロウトな私よりももっと練習できているし、さらに練習時間も多い。
そして、人間の経験値が高いと思う。

私がそうなるべくして上達してない根拠はココなのだよドラえもん。
練習練習日々是練習が足りない。

わかったら練習しろって?

あ、はい。わかりました。


↓ピアニストみたいに弾けたらイイに決まってるよね。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ