Top page  1/34
17
2017

不意打ち


おこんばんは。
練習をしているはずが、気がつくとガスレンジを磨いている不思議なナゾのこいるでございます。
日々めまぐるしくて、今が何月何日何曜日何時何分何十秒だかもわからんですが、お元気ですか?

********

さて先週は2ヶ月以上ぶりの古巣先生レッスンに行ってきました。

2ヶ月前に楽典の自主勉を始めようとしたところで中断してしまい今に至るので、先生にご相談。
黄色い楽典の本を差し出すと、この本を書かれた先生方はみんな知ってる方たちよーと嬉しそうに話してくれた。先生の先生か?古巣先生もその手の話はいつもワールドワイド級なので一度きちんと聞いてみたいけど、消化不良で終わりそうなので聞いたことがない。
「この本は昔っからあるもので厚すぎず、ちょう〜〜どいい内容ね!」
・・・そ、そうなの・・・か・・・?・・・厚いです普通に( ;∀;)
さっそく楽典の授業が始まる。
やはり古巣先生の教えは頭に残りやすい。


ピアノレッスン

ツェルニー40番の10番
一通り弾いて、細かいところを指導され、さあマルかな?持ち越しかな?のその瞬間。
「テンポをあげてみましょうか」
「え?(・・)」
「AllegroにMoltoがついてるわね!(喜)」
「はひ?(・・)」
せ、先生、前にこれは「異常な速さだからいいわ」といいませんでしたっけ!?
符点4分音符1個で 66 ですよ!2拍子の1拍が 6 6 ですよ!
内訳 3 2 分音符が 1 2 個で 6 6 ですよ!!
およそ 1 秒 間 に 1 2 個 の 音 を弾くんですよ!?
異常でしかありませんよっ!しかも左手ねっ!orz
「今のままだと2拍子に聞こえないわフフフ」
それプラス次は11番ですって。

バッハシンフォニア3番

一通り弾いて、細かい所の指導のあと、先生は言った。
「・・・暗譜してみましょうか。」
「へ?(・。・;」
「暗譜で弾けるんじゃない?」
「い、今!?それは・・・無理だと思いますよ?」
「けどやってみたら案外できちゃった!ってこともあるわよ」
「いやぁ〜先日ちょっとやってみたけど数小節で・・・ブツブツ・・・」
「楽しみだわ!さあどうぞ!」
「ぶ。」
必死に思い出しながらやりーのな・ん・と・か・完・走。
「音を思い出しながらだったからテーマが手薄になってしまったけど、きちんと練習した証だわ」
と先生は言う。
私の体感、先生は100倍盛って褒めるので、やる気を出させようとしているのだと思われ。
きちんと罠にはまるワタクシ。

この日、楽典を始めたからか本気モードが若干入ってしまった先生。
バッハ暗譜が再燃してしまった。
それだけは再開しないと思っていたのに・・・。
ま、いっか。
次はツェルニー暗譜とか言い出しませんように。エコエコアザラク。

バッハはその3番暗譜と8番が次までの宿題なんですって。
「M(娘ちゃん)が5年の時の試験の曲だったのよ!懐かしいわね〜」
5年って小学の5年ですけどね。ワタクシはウン倍の運重雲斎ですよ。

ピアノの先生って、みんなドSよね。
そういうの嫌いじゃない私はドMなんですけど。

新曲 モーツァルトピアノソナタK.310
初ヘンレ。
練習で悩み、2Pのみをさらっと譜読み。
それらをさらっと見てもらい、レッスン終了。
残り何ページあるか数える脳がお休み中。

古巣先生との会話でもD先生の話題もちょこちょこ出るんです。
どんな教え方をなさるのかしらとか、どんなイベントだったのかとかね。
D先生のことは古巣先生の娘のMちゃん(D先生ともお友達)のほうがよく知ってると思うので、娘ちゃんに聞いて下さい・・・。
私が明確にわかることは、あの先生もこの先生もどの先生もドSだってことです。
言わないけど。

さ、月末のレッスンと来月の精神衛生上大きな大きな大きすぎるイベントに向けて、寝ずに練習します。


↓嘘です。寝まくります。絶対に寝ます。爆睡します。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ







10
2017

楽しい時

CATEGORYつらつら

何をしているときに楽しいと感じるか考えてみた。

遊んでいる時。(ただただ楽しい)
非日常空間にいる時。(でずにーとかさ)
話が合う時。(おしゃべりは尽きない)
趣味が合う時。(練習会楽しい)
学ぶ時。(レッスン楽しい)


以前、ある公開レッスンを聴講しに行ったとき。
1人だけプロの方がいて桁違いの演奏を披露してくださると、先生の様子が明らかに変化したんです。
ずっと水中で苦しかったけどやっと息ができた、というか、ずっと天気が悪かったけどやっと陽が差してきた、というか、色も魂も入っていないドールばかりだったけど一体だけ鮮やかな衣装で軽やかに踊りだして先生の目が輝くというか・・・。そんな違い。
うまいから、とかではなく、その方の音楽の作り方、向かい方などに興味の湧いた感じに見えました。
明らかに喜び、楽しんでレッスンをしていました。

で、実際自分のレッスンでは、魂の入っていない方なわけで。。。
その溝を早く埋めたいと悶絶しているわけで。。。
何をどうしたらそうなるのかばかり考えてしまうわけで。。。
だから練習しろというわけで。。。
どう練習したらいいのかわからんわけで。。。

私はずっと、うまくなりたいと思い続けてたけど、
「・・・うまい演奏って、何なんでしょうね」
と逆に聞かれたりするし。
私はそれを教えてもらいに来てる人なわけで。。。
しかし古巣先生もD先生も”うまく”させようとするレッスンじゃないんだよね。
私がどういう音楽を作っていく人なのかを私が表すのを待っている、みたいな。
きっとそれが先生の楽しみなのかなと。

レッスンは楽しいんだけれど、先生は退屈だろうなとふと思ってしまう時、心苦しさが練習の邪魔をする。


さ、練習しよ。


↓今週はひさびさレッスンだす。本気だす?
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ






07
2017

損する性格、素直な心

CATEGORYつらつら
ああ、ごめんなさいね。
ブルグミュラーのことなんて1個も書きませんよ。

私の父は人の、とくに娘の言うことを聞き入れない人なんですが、まだ暖房が手放せない頃、お米は水で研ぐんだよと言うと
「まだ水が冷たいじゃないか!(怒)」
「・・・・・・そうだよ・・・」
まあね、北国の水道水なんて数分浸かったら軽く逝けますからね。
もういいや。好きなだけお湯で研いでください。
そのうちネットかテレビ番組で知って、きっとこう言います。
「おい、米は冬でも水で研ぐんだぞ?知ってるか?(ドヤ)」
「・・・・・・そうだね・・・」

素直に人の話を聞けないと損するなぁと、反面教師として我が父を眺める。


昔々その昔、ドビュッシーのアラベスクを習っていた時。
小さい頃からレコードで聞いてとても良く知っていた曲だったので、レコードの音源のように弾くじゃないですか、小学生のワタクシは。
ところが先生からは違うことを指示されるんですよね。

子供は不思議に思うんです。
おかしいな~って思っちゃうの。
だって、レコードになってるピアニストはこう弾いてるから、楽譜なんかよりコレが正しいのにって考えるの。
だってピアニストはこう弾いてるもん!って歯向かうの。
でも楽譜にはこう書いてあるのよ。
楽譜なんかいいの!ピアニストが弾いてるのが正しいの。
・・・まあいいわ。じゃあそう弾いてみてちょうだい。
腑に落ちないけど、私寄りの譲歩をする先生。

ガキってめんどくせーな。

今は名実ともに乾燥した高野豆腐の如く、先生の言うことはひとつでも多く吸収したいと思うのは、命に限りがあるからね。

ああ、はい、わかりますよ。
またハノンしかやってないじゃない!とか、いやこれからやりますから。ほんとに。
パイプオルガンの音で。

↓チェンバロ音でもやるよ!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ





01
2017

ひとりピアノトーク。

CATEGORYつらつら


「ショパンエチュードは人前で弾いてなんぼです。」
と、お師匠さまが仰り、その意味を理解できるのを楽しみにしているこいるです。

まだレッスンも再開しておりませんで、またまた1人ピアノトークです。

先月の発表会の黒鍵のエチュードはエチュードなので、ピアノの練習時は準備運動的に弾いてます。

数日練習していなかった時や、その日初めてピアノに触れた時はやはりガチガチになってしまいガチwなんですが、やっぱりピアノ練習はスケールやハノン、ツェルニーなどのエチュード系で指ほぐしをしてからじゃないと!とか思ってたわけじゃないですか。

え?知らんがな?

そうですね・・・(;´Д`)

で、この頃スケールやツェルニーはそこそこに、休止していたシンフォニア3番に心を砕いてるつもりなんですが、気のせいかもしれないんだけど、スケールやツェルニーをやるより、シンフォニアを練習した後のほうが、黒鍵のエチュードが弾きやすくなった気がする〜っていうね。気のせいかもしれませんよ?
じわじわと効くストレッチ運動のような。

少し前に2声と3声は「鍵盤楽器を学習する人全てに」みたいなことを何かで読んだんで、そういう細々した情報を頭に入れておくと、こんな風に「あれ?もしかして?」みたいな気付きが増えて楽しいですよね。勉強って。
高校生だった頃の私にそっと大声で伝えたい。

そんでもってこんな私でもバッハを勉強する時は、常に頭にショパンさまのことがあるわけで。

え?知らんがな?

そうね・・・

ショパンさまは、シンフォニア3番も弾いたのかしら?どこに感銘をうけたのかな?なんてことを考えながら、シンフォニア3番を練習するわけで。明けても暮れてもシンフォニア。

そして来年はどのエチュードにしようかな。革命かな?

けどあんた、左手動かないよね?

まあね・・・

え?大洋はどうしたかって?

あー、あったねー・・・(*´σー`)

それもいいねー・・・うーんそうだねぇ・・・

確かに今なら練習が進みそうな気がしないでもない。
気分だけね・・・

5分程度の曲くくりで考えるようになったら、愛の夢もいいなーと思うようになってですね。超有名でしょ?子供からお年寄りまでどっかで聴いたことあるでしょ?聴いてくれるんじゃないかな?誰かは。どうかなー?
ま、途中のあのぐちゃぐちゃは、いよいよ指がこんがらがりそうな気もするんだけどね。糸くずもとい指クズと化すかもしれませんよ?
やってみないとわからんよね。リストとか弾いたことないし。たしか。たぶん。うーん、どうだったかな・・・ないな。

目標の曲に、母が好きだった英雄ポロネーズを追加。
本当は存命中に弾けたらと密かに思って前に実家でちょっと譜読みしていたけどね。
まったく間に合わなかったよね。
まだ弾ける気がしないよね。
つぶやきシローじゃないからね。

近い将来(だからいつ?)の目標であって、けっして最終目標ではないのであーるよ。

↓バラード4番が一番好き。次はスケルツォ3番。どう?どうどう?どうどうどうどう?
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ







15
2017

幸せを願えるか

CATEGORYつらつら
先日、旦那氏が録画してくれていた関ジャニのピアノ王の番組を横目で見ていたら、10代のピアニストさんが、めったに弟子を取らなかった故中村紘子さんから直々にレッスンを受けにいらっしゃいと手紙をもらい、師事することになったのだそうだ。

それまでの先生方は、チャンスを逃してはいけないわ、と快く送り出したのだろうか。
私の生徒があの方に見初められたのね!と自己満足に送り出したのだろうか。
あなたのせいで私の収入が減るわ!と憤ったのだろうか。


愛する人が亡くなった時、なぜ悲しいのかというと、
「なぜ自分を置いて先に逝ってしまったのか」
という”怒り”が根源なのだそうだ。
つまり、
「この世に残された私はどうなる!?」
ということだ。

長い闘病生活の末、実母を見送った。
亡くなるにはまだ若く、私はもっと何かできたはずだったと後悔し、胸が張り裂けるように悲しいけれど、友人に上記のことを教えられて、はたと涙が止まった。

母がやっと苦しみから逃れ、あちらで笑っていられるならそれがいいのかもしれない。
私達家族がいないところで寂しくないだろうか、話し相手はいるのだろうか、手の届かないところで心配ではないだろうか。
そんなことばかり考えてしまうけれど、兄弟姉妹の一番上で頑張り屋だった彼女があちらで祖母と再会し、初めて祖母を独り占めできて、うんと甘えられているなら、それがいいのかもしれない。

相手の幸せを願うか、自分から離れていく人を恨むのか、はたまた非力な自分を憂うのか。

どんな人間関係でも相手のこれからの幸福を願う世の中に全員がなれば、争いもいじめもストーカーもなくなるんだろうに、人間は強欲だ。



↓強欲なのはピアノだけにしよう。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ