Top page  1/33
15
2017

幸せを願えるか

CATEGORYつらつら
先日、旦那氏が録画してくれていた関ジャニのピアノ王の番組を横目で見ていたら、10代のピアニストさんが、めったに弟子を取らなかった故中村紘子さんから直々にレッスンを受けにいらっしゃいと手紙をもらい、師事することになったのだそうだ。

それまでの先生方は、チャンスを逃してはいけないわ、と快く送り出したのだろうか。
私の生徒があの方に見初められたのね!と自己満足に送り出したのだろうか。
あなたのせいで私の収入が減るわ!と憤ったのだろうか。


愛する人が亡くなった時、なぜ悲しいのかというと、
「なぜ自分を置いて先に逝ってしまったのか」
という”怒り”が根源なのだそうだ。
つまり、
「この世に残された私はどうなる!?」
ということだ。

長い闘病生活の末、実母を見送った。
亡くなるにはまだ若く、私はもっと何かできたはずだったと後悔し、胸が張り裂けるように悲しいけれど、友人に上記のことを教えられて、はたと涙が止まった。

母がやっと苦しみから逃れ、あちらで笑っていられるならそれがいいのかもしれない。
私達家族がいないところで寂しくないだろうか、話し相手はいるのだろうか、手の届かないところで心配ではないだろうか。
そんなことばかり考えてしまうけれど、兄弟姉妹の一番上で頑張り屋だった彼女があちらで祖母と再会し、初めて祖母を独り占めできて、うんと甘えられているなら、それがいいのかもしれない。

相手の幸せを願うか、自分から離れていく人を恨むのか、はたまた非力な自分を憂うのか。

どんな人間関係でも相手のこれからの幸福を願う世の中に全員がなれば、争いもいじめもストーカーもなくなるんだろうに、人間は強欲だ。



↓強欲なのはピアノだけにしよう。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ






09
2017

楽しみでつなぐ。

CATEGORYつらつら

「全」と書いているつもりが「金」だった、金の亡者こいるです。


発表会も終わり、ピアノにピアノトークに飢えているため、1人勝手にピアノトークを繰り広げる今日も横暴なブログです。


しばらくピアノが弾けない状況が続くので、ある日のレッスンでピアノの勉強になる本を先生に問うてみる。

先生「そうね…こいるちゃんはたしか和声をやりたがってたわね。」
わし「はいっ!」
先生「だったら新しい本より、楽典のこの項目をやってきてちょうだい」

言われた課題
・音階
・音程
・和声

現在取りかかり中!
勉強って楽しいな。
なあんで若いときに一生懸命やらなかったのだ?
案じれ、受験生。


懐かしい受験勉強を思い出すけど、BGMはオールナイトニッポンではなく、モーツァルトのオムニバスアルバムなのだ。
モーツァルトは健康にも良いそうなので、聴く。


それから、新しい課題の曲。
しばらくレッスンが未定なので、発表会後、生徒の保護者のアイドル状態の先生をガシッとつかまえ「先生!次の課題は何にしましょう!?」と問うてみる。

先生「そうだったわね…こいるちゃんは何をしてたかしら?」
わし「ハノンとツェルニーとシンフォニア3番ですっ」
先生「そうだったわ。どうしましょう。」
わし「前に、モーツァルトかハイドンのソナタって言ってたんですけどっ」
先生「モーツァルトにしましょう。」
わし「楽譜は春秋社で良いですか?」
先生「新しく買うなら原典版がいいわね」
わし「あ、赤いやつ!?」
先生「赤じゃないの、青いのよ」
わし「(°°;)ヘンレですか!?」
先生「そう、ヘンレ版ね。何も書いてないけどウンタラカンタラ(忘れた)で良いと思うわ。」
わし「(感動)…初ヘンレだぁっ!」

しかし、そこまで決めといて、曲を決めてなかったというオチつき。

さあて、何やるんだろうか。
まず、楽譜買おう!


↓選曲は楽しみ。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ










07
2017

帰ってきた発表会

CATEGORY発表会

じゃーん。

帰ってきたぜ。発表会に。

というわけでですね、結果からお話しますと、限りなく惨敗に近い惜敗ってとこですか。

いいんです。最初から黒鍵はハズシまくりだと想定済みだし、今回は弾き込み足らないのは一億も承知のスケ。

褒めてあげたいところは、止まらず(?)前に進んだこと。
いつも同じ褒めポイント・・・それしかない褒めポイント・・・

あとね、今回は「マつコ・でらつくす」さんをテーマにしてみましたよ。
マつコさん風に、貫頭衣風ワンピにしてみました。

大きくなっても着られるわ〜安心〜


私の他にもお一方、オトナの趣味の方がいらっしゃり、久しぶりにピアノトークをできたことも楽しかった。

昔ピアノを習っていた友人も来てくれ、ピアノやりたくなったと言ってくれたことも嬉しかった。

初めて旦那氏が発表会を聴きに来た。

子どもたちの演奏曲はトンプソンが多く、あー!これトンプソンのメロディだったかー!といちいち感激したり。

おばちゃんもね、たくさんやったんだよートンプソン。

マつコ・でらつくすさんのような私が弾く私らしさ満点な演奏を、おヒマならどうぞ。

がんばれてないけど、ガンバってよかったなー。な、発表会でした。




↓次回は何弾けるのかな〜?
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ






04
2017

電子ピアノと重いピアノと響くピアノ〜要するに愚痴〜

CATEGORYレッスン

11回目のレッスン(直前編)とリハーサルがありました。

朝から手首に湿布を貼りながら電子ピアノで血迷い練習を必死こいてやり

先生宅の重たい鍵盤でレッスンを受け

そのまま練習をさせていただき

手が壊れるんじゃないかと思いながらも練習がやめられず

リハーサルのピアノはKのグランドでキラキラの弾きやすさ。

このギャップに酔いました・・・


この期に及んで足掻いたってどうにもならんのですが

弾きすぎて疲れました。

最後はカオスです。

何弾いてるかわからなくなりました。


本番ピアノで弾いたあと、激しく落ち込み諦め混じりのトホホなワタクシに、古巣先生は言いました。

「今みたいなこいるちゃんで弾くといいわね!」

そうでしょうそうでしょう。脱力してますとも。
自分の演奏にね・・・。


ああ、もう、飲んでいいかな?

明日早いんだけど。

もう、いいかな。


がんばったと思うんだ。


続・永遠なる発展途上
↑日頃、ご心配、お世話になっているみなさまへ。。。

ピアノ、まだまだやめへんで!


↓明日、きっと起きれるさ!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ







01
2017

現状把握〜永遠なる発展途上〜

CATEGORY進捗記録
我が体力を過信しておりました。
疲労回復に数日要しました。
レッスンと居酒屋滞在時は疲労がなくなるんですけどね・・・。
毎日レッスンと毎晩居酒屋にしてみようか。
先生「こいるちゃん、ちゃんと練習できるかしら?ふふふ」
旦那「毎晩居酒屋ほんと勘弁して。」


【淡く儚い希望】

黒鍵
・テンポをもう少し合わせたい。
・もう少し脱力したい。
・その他諸々。

幻想即興曲
・中間部は通しで弾くとさらっと淡白になってしまうの直す。
・テンポを安定させる。
・脱力系。聴いてる人が脱力系。
・なるようになれ。
・なさねばならぬ、なにごとも。

以上、残り数日でがんばるところ。

なんせ、こんなに練習しないでの本番ってやったことない。

目指せ女優。

4月28日


【その後】
いよいよ現実逃避をやめると決める(遅)。
だがしかし、練習に身が入らず細切れになる。
無心に2曲通し練習をひたすらやり、気になった部分を少し部分練習を折り込みつつ、ひたすら通し練習。
無心に、というのがいいらしい。
今の私はとにかく弾きまくることがいいのかも。

【課題】
その日1番に弾いた時に冒頭からハズシまくるのをどうにかしたい。
幻想はまだしも、黒鍵は最初から熱せられた油の上を歩くブッダみたいな曲だし危険。

5月1日1番。

少し弾けば調子が上がるんだけどね。
本番前に30秒位くれないかなぁ。

どうしたもんだか5日まであと何日だかは数えない。

要するにわたくし、全体的に雑、なんです。

何?知ってるって?

あ、そう。



↓来年は本気出す。ダイエット~はー来年から〜♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ