Top page  33/37
20
2016

レッスン〜♪

こんにちは。ふくべでございます。

2016-05-20-08-04-25.jpg

ピアノを再開してしばらくは、表現という言葉はわかっていても、ピアノに繋がってなかった。

というのは昔のレッスンでは、先生に
「ここはこうやって弾きなさい」「ここはこう弾くのよ」
と指示されたそのままを弾いていたから。

だから再開してからの師匠が、そのような指導を当然してくれず、教えてもらわなきゃわからん私は「先生は私を買い被りすぎだー!」と悶々とした時期があった。

ピアノの大先輩の人が、いつも「想像して〜〜」とか「妄想がーー」みたいなことを言ってるのを聞けば、この人はだいぶ変わった人なんだなぁと思ったり。

バラードに取り掛かった頃にやっとこれらの意味がわかってきてスッキリしてきて、師匠が別に指導放棄してたわけでもないこともわかり、かと言ってじゃあどう表現すればいいの?ていうかむしろ難しすぎるじゃんそれ。っていう第二の悶々期が今。
自分のことはよく見えていない。聞こえてない。


そんな私は今日レッスン。

調判定。復習しないと・・・(先週と同じ・・・難しいけど面白い)
スケールアルペジオ Edurとその仲間たち 一応合格

ツェルニー30番の26番 1回目 連打が上手くいかない。
あと途中の左の親指メロディーの出し方ーー釣られる〜〜
→連打の練習とテンポアップ

ツェルニー8小節の53番 ツェルニーっぽくない綺麗な曲。
8-53.jpg
家で数回弾いてみたら弾けたような気がしたので持って行く
→1小節目で撃沈
→パート別に練習が課題

シンフォニア3番 バスばかり練習していきアルトに問題アリ
なので、アルトを中心にバスとソプラノを練習が課題
3声はまだお預けですが、ゴーが出たって弾けない。

ブラームス118-1
118-1-2.jpg
ここ、弾けないんです。何十回やってもしっくりこない。ここのメロディハーモニー変じゃないですか?え?変じゃない?あ、そう。

スケ2 キターーー♪───O(≧∇≦)O────♪
65〜116小節までの左をやってきた
sche2-65-116.jpg
↑こんな感じ
バスを上から叩かないよう下りをメインに練習すること
→上記+118〜126小節までの右も次回課題

バラ1 久しぶりに通しで弾く→おかしくて笑う。
コーダで収拾不可。
人は言う、大丈夫だよと。私は思う、弾けませんと。

ショパンエチュードは今週おやすみ〜♪
練習してないからだろって?
ノンノンノン♪やってもできないからだよママン〜♪

じゃまた〜♪






13
2016

連休終わっちゃった!

連休もイベントも一段落し、今は睡魔と戦うふくべでございます。
誰か私の代わりに・・・ヽ(´o`ぐふっ
そうそう、セリアで無事に100円スリッパを購入してきました。
4足も。

なんかね、この時期になると、赤いちーーっさい蜘蛛みたいな虫がイーッパイ出るんですよ。
布団干したらまさかね・・・なんて思ってたらいっぱいうじゃうじゃいるんですよ。布団に。
前に調べたら害はないらしいんですけど、虫嫌い。
そのうち梅雨か夏が来たらいなくなるんですけど、虫嫌い。


今月1回目のレッスンがありましたが、連休前から前日まで、ほぼほとんど全く練習できなかったので、とりあえずまだなんとなく弾けるバラ1を久しぶりに見てもらおうと企む。

楽典は、調判定。
これが私が一番わからなくてわかりたかったところ。
楽典の本ではちょっと何言ってるのかわからないよ、なんだけど、師匠が学生時代の資料まで持ってきてくれて、とてもわかりやすく説明してもらい、すんなりとわかった。たぶん。なるほど〜〜〜なるへそ〜〜〜
理解を定着させるには復習しないと・・・ただ今は眠い・・・


そしてバラ1。

弾いていても、ただ音を鳴らしていただけで、どう弾いていいのか宙ぶらりんだった最初の箇所、ドレファシラソ〜の部分。
中間の静かなファ〜ソ〜ソミ〜の箇所の表現。
後半のコーダ前の確かフォルテッシモかシッシモのところの右手のアレ、ソーソミー〜〜〜〜シ〜ド?チャララララ〜んらチャララララ〜〜んらちゃららららら〜〜んら〜ちゃ〜ららら〜
なんのこっちゃ!
と、その前のワルツの部分からの流れのオクターブでズンチャ〜ズンちゃっちゃ〜ずんちゃっちゃ〜ズンチャッチャ〜ズンチャッチャ〜ズンチャッチャ〜ずんちゃっちゃ〜ずんちゃっちゃっちゃ!ガチャガチャがちゃ〜となるところガチャガチャじゃないけど。そこ。
もういいの、分かる人にだけわかれば。

お師匠様に見てもらいました〜
バラ1楽しいじゃないか!

あと、スケ2の譜読み、始まるかも!
月光3楽章はまたいつか!




ナンノコッチャピアノブログでした〜





26
2016

新たな目標

CATEGORY練習会
先週、インディーズでバンド活動している友人のライブに行って、眠っていたライブのエンジンを始動してきましたふくべでございます。ロックロックこんにちは。


先日、とある練習会に参加してきました。
だいぶ気楽に参戦できる練習会なので、好きなものを(弾けるものを・・・)好きなように好きなだけ弾いてきました。

そして人前演奏時の新たな目標が出来ました。
教えないけど。

ブラームス118-1の目標出来高70%は全然達成せず、50%+5%?に留まる。税金か。
118-2も合わせて6月までにある程度まで仕上げる。
・・・やれるかな?
インベンションは12をもって(子供時代を含めて)一応全部終えたので、この日をもって卒業しよう。

GWはピアノを弾けません。


【新たな開拓】
カール・リヒターというオルガニストの3枚組CDを入手。
バッハのパイプ?オルガン?の荘厳な響きに悶え中。






23
2016

4月4回目のレッスン♪

昨日のナイター西武対楽天戦は7-8のルーズベルトゲームで狂喜乱舞の末、ソファで燃え尽きたふくべでございます。


楽典は調まできた。

ハノン スケールアルペジオ
Hdur gismoll
やっと合格・・・苦しい・・・

ツェルニー30-25
なんとか合格。次は26番。

ツェルニー8小節52番
自分にしてはなかなかの仕上りで合格。
反復練習が実る。

シンフォニア3番
自宅練習でなかなか手につかないアルトパート
あと、シンフォニアの練習の仕方をおうかがい。

インベンション12番
テーマの出し方。主張するところ、抑えるところ、違いを出す。

ブラームス118-1
前回、後半の譜読みを、前半ほどは大変じゃないでしょ〜ははは、なんつってたら非常にやりづらい音並びで苦戦。
師匠に隠された音を見つけてもらう。
それで自分がどうにかできるかといったら謎だけど、耳にも馴染みづらい音並びを馴染ませるために地道にやらねば。
月曜までに70%いけるか?

エチュード大洋
久々キター!
ってもなんぬもなんぬもなんぬも進歩してません。
とりあえず、下りで手が跳ねちゃうので、つなぐ。

エチュード別れの曲
中間部の最初のあれ、跳躍、間を空けない練習をする。


以上。






22
2016

譜読みの定義?

CATEGORY自宅練習
ダイソーのスリッパが軒並み250〜300円に値上げしててがっくしなふくべでございます。


今日は譜読みのお話。
前々から人の譜読みや練習はどうやってるんだかとっても知りたかった。
上手い人の譜読みってどんなの?きっとパパパ〜〜〜っと初見で弾いちゃったりしてるんだろうな〜。

ピティナの記事

ttp://www.piano.or.jp/report/03edc/fuyomi/2016/04/15_21125.html
(頭にhを足してください。)

これ、私も年末年始あたりに答えた記憶があるんですけど、確か「一通り弾ける」やつだったと思うんですが、この記事を見てたら、自分の譜読みの定義が曖昧すぎると。

円グラフから・・・

・楽譜に目を通し雰囲気を掴む
  →最近やってる。やってみてる。

・実際に演奏してみて雰囲気を掴む
  →意外と高度な気がす・・・

・テンポ・音・記号などを演奏に反映できる
  →かなりレベルハイでは・・・

・暗譜で演奏できる
  →コンクール出てください。


私の譜読みの定義は・・・

部分練習を重ねて、ゆっくりなテンポでも譜面の音をあらかたスムーズに弾けて、最後まで通すことができるようになる。
=一通り弾ける
=譜読みできたピコーン

↑これ。

・・・あれ?

うーん・・・

パーセンテージでは一番多いのであながち間違いじゃないとは思うけど、「一通り弾ける」の中身も人それぞれだろうし。

私の師匠が「ある程度の「完成」を希望、想定する先生」だったら、毎回レッスン室を追い出され、既に破門となっていることでしょう。音高大のようなとこだと思いますけども。

また、この記事下の方に書いてある「聴いて覚える」ことが以前はほとんどだったのですが、ちょっと前、師匠から「聴いて覚えるのはあまりオススメしない(けど時間のない大人の人はいいよ♪)」ということをちらっと言われて納得する部分があったので、今はレッスン曲はなるべく聴かずに楽譜を読む?見る?ことにしていて、自分の読譜力が想像よりかなり低いことに嘆いております。

CDもYOUTUBEもなかった時はどうやってたんだかまじで思い出せない。
ドラえもーん、タイムマシーン出してーー