14
2016

週末のコンサート♪

CATEGORYコンサート

カレンダーに「ユンディリ」と書いてたら、旦那に「スシディリって何?」と聞かれました。
字が汚いふくべでございます。

週末に、ユンディのオールショパンプログラムに行ってきました。

ユンディは確か昨年、題名のない音楽会でベトソナを聴いた時に、あまり好みじゃない演奏だったので、ショパコン1位の人だけど期待半分で向かいました。

まず、第1部はオールバラード4曲。
全体的にテンポが早くなく、ゆったりとしたバラードだったと思います。
と言っても、バラ1以外の弾いたことがない3曲はなんとなくの印象ですが、ここぞというところでの向かい方に自分の欲求とは少しズレがあったので、若干消化不良なところも。
バラ4の最後の大洋みたいなところ、あそこはわき目も振らずに行って欲しい私。そこ大好きなんです〜♪
が、今は表現について修行中の身。衝撃をいただきました。

それよりも、前の席の人が座高の高い男の人で、頭が左右によく揺れて、私の視界に思いっきりかぶってしまい、望まぬチューチュートレインをバラードで踊る羽目に。
これで少し集中力が削がれたのが残念。
世の中の大きい人、できればじっと聴いてください。

第2部はプレリュード24曲。
後半は席を交代してもらい、見晴らし良し。
太田胃散と雨だれ以外は全く知らなかった(←なぜか予習しないやつ)んだけど、ちょうど最近8番を知ったので、それを楽しみに。
かっこよかったです。

アンコールは
ショパン ノクターン2番
任光(王建中 編曲) 彩雲追月
ショパン アンダンテスピアナート(多分一部分)

このアンコールがとてもよかったです。
ノクターン2番って小中学の頃レッスン外で自己流に散々練習した曲で、その反動でか今はあまり好きじゃなくて、弾き始めの2音でノクターンとわかって一瞬ガッカリしたのは本当に一瞬で、繊細な響きに息を飲みました。
2曲目、3曲目も同様に、弱いのにホールいっぱいに響く繊細な音色がとても美しく、大満足でした。
それにアンコールもやっても1曲くらいかな?と思ってたので、3曲もやってくれるのー!!と感激しました。
単純〜♪

またホールで聴きたいです♪


16-06-14-14-49-08-280_deco.jpg



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment