21
2016

電子ピアノでうまくいかなくて・・・

えーと、近頃現実逃避しまくりのふくべでございます。

なので先週のレッスンのツェルニーさんを・・・いつも通りざっくりと。


ツェルニー30番の27番

普通の練習にスタッカートを交えて、以前よりは弾きやすくなったものの、左のメロディを右に負けないようにするのに躍起になっていた結果

16-07-09-09-56-21-782_photo.jpg


4拍目の八分音符が重たくなっていて弾きづらかったのではないか?と指摘を受け、私の場合思い当たる節が多々あるわけで、高い方の2拍目、4拍目を軽くすることで多少の弾きやすさを感じることができました。
合格をもらえたけれど、右の伴奏形の弾き辛さは一朝一夕にかなうわけではないので、たまに気が向いたらやってみます。左ならまだいいんだけどなー。


ツェルニーの8小節の練習曲の53番(指示:レガーティシモ。うぐっ・・ふぐぐぐっ・・・)を自宅の電子ピアノで何度弾いても、タコブツ並のブツ切れのノンレガート、音量もすっごく凸凹に聴こえて、あーまだ私にはこれは早いんだなぁと思い、160曲ある8小節の53曲目なので、これが100番くらいになったらもう一度トライしようかとレッスンで見てもらうと

8-53.jpg

グランドピアノで弾いたら、弾けてるっぽい。
ペダル使わなくとも繋がって聴こえてホッとし。
あとニンマリ。グランドステキだわ〜。

これは別れの曲も同じレガーティシモがふんだんにあるので、自宅練習で繋がらず悶絶しているのもスルーして練習しても良いのか?繋ぐ努力はしますけど。

ってわけで、今週は別れの曲は見てもらわなかったんだけれども、電子でもとりあえず一生懸命練習します。

あとバラード1番は、来月時間ができたときにでもまとめてみようと思います。
なので今日は書かない!




スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment