12
2016

癒された〜

CATEGORYコンサート
若い頃から大好きなロックミュージックをヘッドホンで再生したら最大音だったので、のび太並に飛び上がったふくべでございます。

クラシックマニア?バロックマニア?な友人Mくんと一緒にゴルトベルクのリサイタルに行ってきました。

とは言っても、初めのアリアしか知らない。
CDはあるけども、アリアしかアリアわせてない。

・・・・・・山田くーん



この秋に、チェンバリスト友人がゴルトベルク全曲演奏リサイタルをするというので、その前にも聴いておきたいと思って行ってきました。


このプログラムの解説によると・・・

バッハはこの変奏曲を、不眠に悩んでいたカイザーリンク伯爵のために作り、伯爵と同居していたバッハの弟子のゴルトベルクに伯爵のために夜な夜な演奏させたという話があるので「ゴルトベルク変奏曲」という曲名の由来があるのですが、出版楽譜には伯爵への献辞がなく、当時ゴルトベルクが弱冠14歳の少年で、この技巧的な難曲を弾きこなせたとは考えづらいため、どこまでが真実で脚色なのかは定かではない。

だそうで、昔の人、これ以上話を盛るのやめてください。

というかね、寝入りに聞いたら寝るどころか、ところどころ目覚めないかと心配。
メリハリとかいらないから眠りたいときは眠りたいって思う私。
もしかして好きな曲だけ弾いた&聴いたのかな?

わたくし、曲を把握してないので、時々隣のMくんにプログラムを指差しで確認して軌道修正しつつ演奏にしがみつき、ラストまでお世話になる。

とにかくも良かったです。私にとっては。
とても心穏やかになれました。

バロックっていいなー。聴くだけならねー。
弾くのもイイ!ってなりたいなー。

すぐに帰宅してバッハをチェンバロ音で練習したかったですが、あれれれ〜?なんでだろー?
ここはお家じゃないぞー?

20160911.jpg

途中から旦那も合流し、チェンバロ関係ない話に花が咲く。


はぁい、わかってまぁす。明日からがんばりまぁす。





スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment