13
2016

ツェルニー40番の3番 取掛かり初め


今週から恐怖の旦那氏連休が始まりましたよ。
出掛けたがりなもんで恐怖なんです。私は基本こもりたがり。
出先から帰宅しても映画鑑賞で目一杯満喫。
映画もいいけどクラシックも好きにならんかなー。


ツェルニー40番の3番を見てみました。

Czerny-40-3-1.jpg


アルペジオの連続だけど、指くぐりはない。
けど変則的なので、落とし穴は4-5の指が広がるところかな。

この練習曲をやるだけでも広がると思うけど、事前に3-5、4-5の指を広げる練習をハノンやピアノのテクニックでやっていたからか楽に感じた。
まだ3番だしね。

変則的なところは、和音を感じるようにすればいいのかな〜。
耳をすませてやってみるか。
あとは音を揃えられるように。
転ぶのが大得意な私。


私の好んでやっている練習は

1、すべてアクセントで弾く
2、1拍目と3拍目にアクセントで弾く
3、スタッカートで弾く
4、1拍目にアクセントで弾く
5、レガートに弾く

順番はその時によりますが大体こんな感じ。
スケールもなんでも同じです。

5つ目のレガートの時、手首を柔軟に回すことを意識。

そんなに難しくないので何度もやらなくてもできる。大丈夫。

今回は手の形にも注意してみよう。





スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment