23
2016

演奏中の行動を決めておく

CATEGORYつらつら
旦那が勝手に買ってきたおやつのチップスターを隠していたら、自分も忘れていたふくべでございます。


ちょっと前に、ラグビーのルーティンってのが流行ったじゃないですか。

ピアノも本番前にルーティンって決めてやっておくといいんですよね。
決めてないけど。
アレですよ、私がルーティンって考えると、きっと笑っちゃう方向へ行ってしまうからさ・・・

で、演奏をミスらないためのルーティンも、あるんですよね。

なんでミスるかって、普段やらないことを本番中やっちゃうからミスるんですよね。
普段見ないところを見ちゃったり、普段考えないことを考えちゃったりでミスるんですよ。暗譜飛んだり。

だから練習の段階から、
「ここでは左手を見る」「右手を見る」
を決めておく。
手元・鍵盤を見てると暗譜が飛んじゃうから、遠くを見る。

私の演奏動画を見るとちょこちょこ遠くを見てますが、暗譜飛び防止策です。
決してピアニストぶりたいんじゃないんです。
その証拠に、絶対に目を瞑って弾いたりしません。できません。

普段考えないことを考えちゃうのは、集中できてないってことだから、脳内で歌うことに専念する。

再開後、初めての人前本番の曲練習で、楽譜に蛍光ペンで「集中!」と書いて、練習のたびにそれを見て、余計なことを考えずに曲に集中する習慣をつける練習をしました。

練習しないとね、絶対にできるわけないよ。
やらないからできないんだよ。
やってなくて出来ない出来ないっていうの、出来なくて当たり前だから。

練習してもできないのは、練習の仕方が間違ってるだけなんだよね。


私のことだけどね。


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment