03
2016

「ドビュッシーは苦手なのを克服したい」が、さらに強調された1日。

CATEGORYコンサート
ヒトリ時間のお楽しみ・ピアノコンサートのDVD鑑賞中に帰宅した旦那にチャンネルを変えられて、元ソフトバンク・松中選手の、退団から引退までのドキュメンタリー番組「バースデイ」を見始めてしまい、一緒に見入ってしまった今日も涙目のふくべでございます。
人間、諦めたらいけないんだ。常に挑戦!


20161002.jpg


ピアノ再開後、曲も苦手だったドビュッシーの人柄を知り、彼を大嫌いになった私。

それからウヨキョクセツの結果、ドビュッシー克服が私の遠い遠い目標の一つになり、先日購入したCDのドビュッシー前奏曲1をドビュッシーCD(購入)デビューのまず一枚目に選んでみたのですが、思いがけずコンサートで耳にする機会に恵まれました。

前奏曲の前に二つのアラベスクの演奏が。
アラベスク1番は、私が小学校の時の発表会で弾いた、私が勉強させてもらえたエリーゼのためにの次に有名な曲。思い入れの強い曲です。

聴いていてよくよく考えたら、アラベスク1のプロの生演奏を聴けたのは今回初めてではないか!と。
それだけクラシックコンサートに行かなかった。
というか、ショパン、ベートーヴェンあたりじゃないと足が向かなかったと言っても良い。ただのミーハー。

直にリアルに聴こえてくる音の陰影に
「そうかー。こう言う音を出すのかー。」←いつも言ってる。
CDやネット動画では感じられない音の表現を、拙い耳でもはっきり違いを感じられて、アラベスク2も勉強したい曲リストに急浮上。

前奏曲も、プログラムの説明が絶妙で、曲をほとんど知らない私にも追えるほど。説明の方々にもブラボーを送りたい。
ドビュッシーの曲が、イメージのしやすいものだというのもあるかもしれない。

去年暮れにモネの絵を2度見に行ったけど、モネのような動く絵が脳内に浮かんできて、短編物語のようでした。

あの音と同じ音を出してみたい。身近に聴いてみたい。

今は知らない世界をたくさん知り・見つけることができて、興奮期間です。
そして生演奏は何よりも勝ると実感する期間でもあります。
そんなチャンスを提供してくださり、感謝です!ありがとう!!!







スポンサーサイト

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/03 (Mon) 10:02 | EDIT | REPLY |   

ふくべ  

鍵コメさま♪

同じと聞いて、安心しましたー!笑
セリフのない、そうそう、自然の情景のような・・・
私はまだ映像とか色味とかですけど、近いうちに鍵コメさまのような感覚も感じられるように、鍛えよう!
ショパンやベートーヴェンにはなかった新しい感覚!
これは楽しいかも。
私が弾いても楽しいと思えるか!?
↑ここが重要。

2016/10/04 (Tue) 00:21 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/04 (Tue) 07:58 | EDIT | REPLY |   

ふくべ  

鍵コメさま♪

なるほど。
なんとなくそうかなって思ってたけど、まだまだわからなくて一旦オケは退けてました。
次はラヴェルのCDを狙ってみよう。
バッハはまだミサ曲には手をつけてませんでした。
声楽も良いかなと思ったけど数が多すぎてどうしたもんやら、な所です。

ベトはソナタ練習中に行き詰まった時は、弦楽音で弾いてみて「一人オーケストラやー!!」とご満悦になるんですが、弦楽はオケと比べたらとても聴きやすく、勉強になります。

と、わかっていつつ、悲愴の時間が取れないーー笑

2016/10/05 (Wed) 00:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment