06
2016

拍手。

CATEGORYコンサート

ゴルドベルクの全曲演奏リサイタルに行ってきた。

この日のために、私はゴルドベルクをわりと予習した。

昨年決心した友人のリサイタル。
女性らしい、柔らかい演奏だったと思う。

感激したことの一つは、演奏が終わった後のあの間。
キーンとした空気を誰一人、”我先に拍手”で壊そうとしなかった。
演奏者が、満面の笑みを観客に向けた瞬間に、拍手が起こった。
観客は知らない人たちの集まりなのに、なんだか同志のような気持ちになった。

今年はじめ、実際聴きに行ったコンサートで拍手したがりにゲンナリしたし、あのユンディ・リーのバラ4の途中で拍手したのは、天下のカーネギーホールですよ?(それは私は行ってない。)
36:00過ぎくらいからちょっと聴いて。見て。



知らない曲だったにしても、弾き手の動きを見たら拍手するか?
むしろ知らない曲の方が、拍手のタイミングを探るけど。
なぜ拍手をしたのだ?

知らない曲でもコンサートにはどんどん行ったらいいと思うけど、自分は知ったかぶりには気をつけようと思った動画でした。
知ったかするほど知ってるようには思われてませんけどね・・・

それを踏まえてバロックのリサイタルに足を運ぶ古楽器ファンには、いわゆるミーハーはいないのだと実感したのでした。

リサイタル後、一緒に行った友人と軽く引っ掛けたら、本当に軽すぎるのに遅くなったので帰宅してからのー自宅で一人寂しく続けるの巻。

寂しすぎてこんな時間なのに、こないだ届いたロックバンドのDVDを再生してしまうの巻。
寝れないじゃん。

ピアノ弾きたいなー。








スポンサーサイト

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/06 (Sun) 01:45 | EDIT | REPLY |   

ふくべ  

鍵コメさま♪

とても気持ちの良い反応をいただけて、私も安堵しましたv-19
マジでご友人に聞いてみてくださいよ!
カーネギーこんなレベルなの!?と。マジか!幻滅!と私が言ってたと!

チェンバロリサイタルは、とても良かったです。

お客の質については、前からずっと考えていました。
私もリサイタルの邪魔をしない、邪魔にならない客になりたい。

私もいよいよ寝ますよー

まだ起きてたの!っていうね。

2016/11/06 (Sun) 02:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment