24
2016

困惑のmoll

CATEGORY自宅練習

昨日はライオンズのファン感デーで、ラスト岸くんに逢うて来ました。
ハイタッチの列に並び(旦那は森くんの列)、ほんのすこーし、お話ししちゃったもんねー。
実は岸くんの地元と私の親の家がすぐそばなので、うふふ!
何を隠そう私は岸くんの学校の先輩。

フッフッフッフ・・・

先輩(良い響き)。

いくつもいくつも い く つ も 先輩(悔涙)。



さて、ハノンに挑んでみたら、durはまあよし。
それほど難はなさそう。

問題はmoll。

普段は自然にわかる折り返し地点がわからない。
気づいたら鍵盤の限界にいるなぜ。

特に和声は、行きも帰りも音に迷うし、それに比べて旋律は弾きやすいけど、折り返し地点がわからない。
自然ってなんだっけ?と弾いてない。

これは何が問題なのか。

何かが問題だ。

問題なはずだ。


何が問題かわからない時は、弾きこむべし。


ってかこれが何に効くのだろう。

今度教えてもらおう。





スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment