05
2016

弾かずともしあわせな時間

CATEGORYつらつら
今朝、旦那が出勤間際のこと。

旦「今日、ピアノ頑張ってね」(←レッスン日の朝に決まって言うセリフ)
私「・・・(ナニ今日レッスンあったっけ!?)」
旦「今日、ピアノでしょ?」
私「・・・(まさかのレッスン忘れてたとか・・・悪い夢過ぎる)」
旦「え、今日○○さんたちのコンサートじゃなかったっけ?」
私「・・・本当に文学部出たのか?」

試験前夜、一夜漬けしようとしてうっかり寝てしまった朝のような目覚めの悪い朝も、生きていればたまにあります。


さて、指折り数えて待ちに待ったリサイタルに行って来ました。

成し遂げたのは私じゃないのに、家で勝手に祝杯。

言ってみたら、聴衆冥利に尽きます。

音楽を通して、同じ時間を共有できる喜び。

この言葉の意味と重みを半ば興奮気味に味わえる余韻のなんと楽しいことか!

一台のピアノから、別の楽器のような色とりどりの異なる音色が放たれる不思議。
想像し難い自分のピアノ人生の将来を、もしかしての将来を、少しでも良い夢として垣間見させてくださる達人の方々。
ぼやけそうになる目標を再認識させてくださる、嬉しい刺激のいっぱいつまった演奏。
いっときも聞き逃したくない音たち。
近しい人であるからこそ、リアルに伝わってくる演奏。

それらは演奏者が伝えたかったことには含まれてなかったかもしれないけど、ピアノを学ぶ楽しみ、おもしろさ、言葉にできないいろいろなことを、音楽を通じて教えていただけた貴重な時間でした。

その後、自称愛好家(私以外は達人の面々)で思う存分、思いの丈を思いっきり語り合って来ました。

お茶で。

お茶でもうるさい私。orz。なおらん。

毎度うるさくてごめんなさい。
そしてありがとうございました。

わたしは、ピアノを好きでいられて、とてもしあわせだ。


34932.jpg







スポンサーサイト

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/12/05 (Mon) 09:59 | EDIT | REPLY |   

こいる  

鍵コメさま♪

こちらこそ!昨日は素敵すぎる演奏をありがとうございました!
本気の演奏は、丸ごと全身に響きました!
モチベーションが下がりそうになったら、昨日のお二人の演奏を思い出そう。
すごくすごく良かったです♪

感激したせいで、このまま帰りたくない族が近辺にうろついてた模様です。
私はお茶組でしたけど、もう一方組はv-275だったそう。
イイナーイイナー。
けど、食べ放題もいいなー。
今度はご一緒に行きましょう〜〜v-274
しばらくはのんびりしてくださーい
お疲れ様でした〜♪

2016/12/05 (Mon) 19:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment