02
2017

今年、どうしていこうか

CATEGORY年初の抱負
2017年ですね。
昭和から思えばすっごい未来ですが、車はまだ飛んでません。
もう少しかな?

******

昨年は悩んだ末に2人の先生につくことにしました。

子供の頃の先生(以降、古巣先生)と表現のスペシャリスト先生(以降、D先生)。

D先生にレッスンを受けることは夏に決めていたんですが、古巣先生はいろいろな要因が重なり、電撃的に決まりました。

古巣先生は、子供の頃の続きからお願いしてます。
D先生には、どうしていいかわからない演奏のことを。

基礎練習は自分で必要と感じているものなので、古巣先生に卒業を言い渡されるまでは続けたい。
前までツェルニーは、続けることに意義があり、いつの間にかじわじわ効いて来るもの、という認識がありました。
ツェルニーもきちんと勉強すれば目に見えるように効いてくるのがわかって楽しい。
練習すれば、先生も喜んでくれるのがわかるのでうれしいです。
子供の頃の罪滅ぼしの気持ちもあるので。

苦手部門ダントツ1位のバッハ、そして古典は、古巣先生がとても大事に思っているように感じるので、身を任せようと思います。
演奏・表現については私が全くの無知なため、予測不可なワクワク感しかありませーん!


立てるだけなら楽しすぎる目標

スケール きちんとテンポアップ
アルペジオ そのうちやるはず

ツェルニー40番
月に2〜3曲は進められたらいいけどなぁ

シンフォニア
どのくらいのペースで仕上げられるのかがわからないので、やってみる

古典
ハイドン・モーツァルトをきちんとやってみたい

一年で自分がどのくらいやれるのかって年初めに毎度思いますが、古巣先生は脱線をあまり許さないはずなので、進むよきっと。

それから私の悪い癖、

『楽譜を温めていれば弾けるようになる希望的妄想』

をそろそろ捨ててみせよう。

そんな酉年。3歩で忘れないように。


2017年もどうぞよろしくお願いいたします。






スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment