29
2017

3回目レッスンの記録〜その1〜

CATEGORY3回目
遅ればせながら、心に引っかかりまくっている古巣先生3回目のレッスンの記録を。
ブログる心の余裕が今少し生まれている。フッフッフ。
とは言っても、ほとんど殴り書き。


〜3回目古巣レッスン編〜

シンフォニア15番

練習したくせに、先生の前だと自分に適したテンポがわからなくなり、遅すぎるのか早すぎるのかわからぬ演奏に。

先「各声部がきちんと弾き分けられてたわね。」
私「(よっしゃ!)」
先「じゃあもう一度弾いてちょうだい。」

頭のテーマ。

sin15_4.jpg
先「3拍目はそんなに強くしないで。」

3小節目のアルペジオ。
先「ここはもっと軽やかにね。」
レジェーロを忘れてた。外したくない一心でレガートになってた。

両手交互アルペジオの箇所。
先「最後の音(符点8分音符)はきちんとのばして。」
sin15_1.jpg

先「ここ(左のドラドミドミ〜)は下がるけどクレッシェンドでフェルマータまで保って。」
sin15_2.jpg

先「ここは最後のテーマだから堂々と!」
sin15_3.jpg

先「よく弾けてるからもういいかしら?○にする?」
私「・・・はい・・・もういいです。」←力尽き

次の宿題はシンフォニア3番。


ハイドンソナタに続く・・・



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

クリックの数だけ、更新される。
・・・かも。





スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment