10
2017

飛ばしたくない。

CATEGORYつらつら

飛ばしたくないのはね、教則本のことだす。

子供の頃は、ブルグミュラーやソナチネのように、私に不要と先生が判断したものは省いてどんどん先に進んで、ひゃっほーい!新しい楽譜〜!飛び級バンザイと喜んだものでした。

大人になると、そこのやらなかったことが気にかかって、不安につながり、コンプレックスにつながり、出来ないときに「やっぱりアレをやってこなかったから・・・」と自分で自分の足を引っ張るわけ。
数年前、焦ってブルグミュラーをきちんと復習しなければ、と手を付けた時もありました。

いまツェルニーさんを1から順に進め、ハノンさんも1個ずつじゃなくてまとめて課題に出していただき、気持ちよく大満足。
ツェルニーさんもハノンさんも、先生はきちんと見てくれるので、それも大満足。
仮に、早く次に進みたいから飛ばしてもいいですか?と言ったら、先生は曲を選別してくれるとは思う。

ツェルニーにやる気が出なくて、ついついネットで記事を探しちゃうこともあったよ私だってそりゃね。
ほらほら、ここにも「ツェルニーは必要ない」って書かれてるじゃん。
この人も要らないって書いてあるじゃん。

ほぉーらっ!ツェルニーさんはやらなくてもいいじゃん
み~んなそう言ってるし!(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

(みんなって誰よ)

ってときは、目的を忘れて、やらなくていい言い訳を考えちゃうときだった。

やらなきゃ後で後悔するんだ。わかります。

私には必要なものだからやる。
というかむしろやりたいからやる。全部。
それはきっと、私の栄養になってるはずなんだなー。
自信につながるものは貪欲にやっていこう。





↓更新してるね、えらいね、練習もちゃんとやるんだよ。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ







スポンサーサイト

4 Comments

きょんた  

わかる!わかりますともその気持ち!!
私も大人になってからツェルニー100とブルグミュラーから
ツェルニー50とソナタ2まで
全て抜けなしで習い直しましたもの!
(作曲家別になると抜けはあるけどw)
数少ない仲間がいて嬉しいです^ - ^

2017/02/11 (Sat) 23:04 | EDIT | REPLY |   

こいる  

きょんたさま♪

共感コメントをありがとうございます!
こちらこそ、コメントまで頂けてうれしいです(*´ω`*)
100番から50番までの習い直し根性が素晴らしすぎます!
お師匠様との相性も良かったのでは?と思われますが、ソナタ2まで抜けなしはなかなか真似できません。
けどそれもいいな、とちょっと思いました。
せっかく楽譜を持ってるのにやらない曲があるのはもったいないなとは思うんです。
進路について先生と話すときのネタにしてみます。

2017/02/12 (Sun) 01:03 | EDIT | REPLY |   

夕  

いやはや、すごくわかります。
私もブルクミューラー飛ばしまくりだったので、「ブルク」からやり直したい、と思うこと何度もあります。
「貴婦人の乗馬」も弾いたことがないので、自分の中で「難曲」のままです。
ソナチネアルバムも全然やってないし~(>_<")

「自信になるなら」いい言葉ですね( ☆∀☆)ソナチネやり直すかな…。

2017/02/12 (Sun) 01:07 | EDIT | REPLY |   

こいる  

夕さま♪

夕さま〜〜同志!
そうか、貴婦人やってないと心に引っかかりまくりますな。
ブルグミュラーもソナチネも、やりたい!、今でしょ!と思ったときに先生にお話してみたらいいんじゃないかなと思いますよ〜。
私は遡りすぎると心が折れたので、40番からと古典をがんばろうと思いました。
復習も楽しめる夕さんなら大丈夫そうだけどねん。
何でも自身になるものは貪欲!でいきましょ〜〜v-19

2017/02/12 (Sun) 09:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment