24
2017

黒鍵のエチュード〜ハズシたくないニクいあいつら〜


先生と電話するこいる。

こ「こないだツェルニー忘れてきたみたいなんですー」
先「そうだったかもしれないわ!ちょうどいいから(?)他の2曲に絞ってやってきてちょうだい!」
こ「あ・・・ハイ・・・」
ツェルニーさんがあるとツェルニーさんに心を砕いてしまうので、先生の罠だったのかもしれない。
コピーでやろうと思ったんだけどな・・・。
ツェルニー計画、序盤の10番で頓挫。


さて、しばしレッスンが空いてしまいそうなので、己の現況を客観的冷静に見つめるナイスタイムと取る。

黒鍵の練習始め〜あくまでも私の練習〜むしろどの曲も同じ練習〜

・指使いを決めて書き込む。
 →書き込みすることで、安心出来る。

・片手ずつ練習〜両手練習
 →どちらもゆっくりテンポは必須。

・ゆっくり両手練習でも楽譜の指示を見る。
 →なんとなく、その方がいいとオモタ。

・メロディを把握する。

・部分練習は記憶と体の刷り込み、アイロンがけ。
 →少し出来たからと言ってすぐに終わりにしない。
 →つっかえるところを無くす。

・メトロノームを使って少しずつテンポアップしてみる。
 →メトロノームは、1ずつ、2ずつ、4ずつ、5ずつ等、その時次第で上げていく。
 →最初の頃は、数日間は速くし過ぎない。どうせできないし。どうせ。ワタシなんて。。。
 →譜読みが終わり、全体的に弾き慣れてきたら、テンポアップの練習。
 →弾き流しの癖がつかないよう、気になるところは各フレーズごとの確認部分練習も。

しつこくメトロ練習をしていれば、テンポアップできるはず!
↑しつこく自分に言い聞かせ。

達人・上級者との違いのひとつに、片手〜両手練習の習得時間にあるのではないかと推測。
わし、時間かかり過ぎや。ニクい経験能力いろいろ不足が顕著。

参考動画
ケイト・リウさん

手の形と指使いをめちゃくちゃ参考にしている。

何?速すぎて見えない?
わてもだす。



↓幻想はつづきにしまーす・・・
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ





スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment