--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10
2017

楽しい時

CATEGORYつらつら

何をしているときに楽しいと感じるか考えてみた。

遊んでいる時。(ただただ楽しい)
非日常空間にいる時。(でずにーとかさ)
話が合う時。(おしゃべりは尽きない)
趣味が合う時。(練習会楽しい)
学ぶ時。(レッスン楽しい)


以前、ある公開レッスンを聴講しに行ったとき。
1人だけプロの方がいて桁違いの演奏を披露してくださると、先生の様子が明らかに変化したんです。
ずっと水中で苦しかったけどやっと息ができた、というか、ずっと天気が悪かったけどやっと陽が差してきた、というか、色も魂も入っていないドールばかりだったけど一体だけ鮮やかな衣装で軽やかに踊りだして先生の目が輝くというか・・・。そんな違い。
うまいから、とかではなく、その方の音楽の作り方、向かい方などに興味の湧いた感じに見えました。
明らかに喜び、楽しんでレッスンをしていました。

で、実際自分のレッスンでは、魂の入っていない方なわけで。。。
その溝を早く埋めたいと悶絶しているわけで。。。
何をどうしたらそうなるのかばかり考えてしまうわけで。。。
だから練習しろというわけで。。。
どう練習したらいいのかわからんわけで。。。

私はずっと、うまくなりたいと思い続けてたけど、
「・・・うまい演奏って、何なんでしょうね」
と逆に聞かれたりするし。
私はそれを教えてもらいに来てる人なわけで。。。
しかし古巣先生もD先生も”うまく”させようとするレッスンじゃないんだよね。
私がどういう音楽を作っていく人なのかを私が表すのを待っている、みたいな。
きっとそれが先生の楽しみなのかなと。

レッスンは楽しいんだけれど、先生は退屈だろうなとふと思ってしまう時、心苦しさが練習の邪魔をする。


さ、練習しよ。


↓今週はひさびさレッスンだす。本気だす?
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ






スポンサーサイト

7 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/10 (Mon) 15:01 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/10 (Mon) 15:04 | EDIT | REPLY |   

こいる  

鍵コメさま♪

ほんとに正真正銘ドMっすね・・・
うれしそうな・・・ドMコメントたち・・・
肯定してもらえると安心して苦しめます(笑)
よぉ〜〜し!苦しむぞ〜!
けど公開はイヤ!やめてー!きゃーぎゃーぎゃー!!

2017/07/10 (Mon) 15:35 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/10 (Mon) 15:37 | EDIT | REPLY |   

こいる  

鍵コメさま♪

うほっ

・・・・・・・・

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

・・・・・・・・

はぁ・・・・(;´Д`)・・・・い・・・

2017/07/10 (Mon) 15:39 | EDIT | REPLY |   

nemup  

ご無沙汰です~♪
いろいろ大変でしたね。お疲れ様です。
例の計画(なんだそれ)そのうちやりましょう。

教えるのが楽しいのって、私の師匠の場合は初心者(というかお子様)のレッスンも嬉しそうですよ。本気で楽しんでるわけじゃないのかもだけど、楽しさを感じてもらえるよう頑張ってるのかもしれないけど、でも初心に帰って楽しむということをやっているみたいな。

ほんまもんの上級者は話が通じる、理想とするところに手が届くみたいな楽しさがあるのかな。
その間っていうのが一番中途半端で、ストレス溜まりやすいゾーンかもですね。大人の生徒の場合は人によってニーズが違うし、その前提になる価値観が合わない場合などは楽しくないでしょうね。
でもあれですよ、反応が良い場合には大化けするのもこのゾーンなので、そこは相性やいろんな条件はあるだろうけど、面白さを感じてくれる先生もいると思うんですよね。

それにしてもこいるさんの求めるレベルはすごいなー。
こいるさんのレッスン、反応良くて先生も楽しいと思うけどなー。

2017/07/14 (Fri) 13:05 | EDIT | REPLY |   

こいる  

nemupさま♪

こんにちは。
いろいろご心配いただいてすみません。
D先生の門下ではシロウトは私一人くらいで、ほんまもんの上級者しかいなく、たまにやってくるネガティブキャンペーンの一環で、先生が退屈してるとは本気で思っているわけじゃないんです。門下生だけを集めたイベントも、私なんかのようなモノを入れていただいてるから、先生は何かしら面白さを感じているんだろうなとは思っていますよ〜。
そんな環境だから、先生をはじめ専門教育を受けた人たちにまみれるとコンプレックスや場違い感を感じることもあるわけで。
ときどきあるんです。こんな心境のときがね〜。ほほほ。

2017/07/15 (Sat) 14:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。