--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12
2017

二兎を追うもの・・・

CATEGORYつらつら
今頭のなかでぐるぐるしていることわざ

”二兎を追う者は一兎をも得ず”

私が追っているのは一兎なんだけど、結果的に二兎も三兎も四兎も追うことになっていて泡を吹いている。
カニか!

何曲も追う私は実は1曲も得ていなかったのかもしれないことを知らされて脳内Jアラートが鳴り響きました。
ほら、昔ってハノン、ツェルニー、バッハ、ソナタは4つでワンセットで1コも外さないレッスンだったじゃありませんか?
終ったフリをしても先生の目はごまかせなくてやっぱりやらなきゃいけない羽目になったりとか。
そんな子供時代を過ごしていたので、これらはセットでやらなきゃいけない刷り込みは強固だったわけです。

脳内Jアラートが鳴ってみて、もしかして、今の古巣先生は本当はその日のレッスンでやらない曲があってもいいということを、全部を網羅しなくても良いのよ、ということを、これまでも言おうとして、やんわりした言葉にして、私の「何なまっちょろいこと言ってるんですか先生!」って顔を見て語尾を飲み込んでいたんじゃないかと思いました。。。
あの時もこのレッスンの日もそんな感じだった今思えば・・・
そういえば私がことごとく「やります!」とか言ってた気がしないでもない。
やれてないのに。
消化するんじゃなくて、身につけたいと思っていたのに。
嗚呼胃が痛い。

今の絶不調は心の準備もなくいろんなことが起こりすぎているからに決まってるんですけど、盛りだくさんすぎて身動き取れなくなっているなう。
本も読みたいし、片付けもしたいし、ピアノも復活したいし、海外ドラマも見たいし、ドラクエも途中のままやる気が起きないから、どれも心から楽しめるようになりたい。

穏やかなあの頃に戻りたい。

戻れない。

そして次の古巣先生レッスンは二日後。

戻りたい。前回レッスンが終わったあの日に。


↓相変わらず学習能力ゼロですみません。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ







スポンサーサイト

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/12 (Tue) 13:12 | EDIT | REPLY |   

こいる  

鍵コメさまあああああ

うわぁぁああ
そう言えば同じことを古巣先生も聞いてた!
何にも考えてなかった凹
ダメ人間過ぎて凹む。
全消ししたい。

P.S.尾びれでも背びれでもジョーズでもなってください。

2017/09/12 (Tue) 14:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。